資金調達の際にファクタリングが効果的に働く時はどんな場合でしょうか?

ファクタリングが有効な場面

 

ファクタリングはローンのように分割で支払うものではなく、将来の入金を見込んでいる売掛金を早期に現金化して資金調達を行います

 

ファクタリングが有効なときについて

何も考えずに利用すると、その場しのぎにしかならず、本来の入金日にお金の入ってこないことによって再度資金難になって財務を圧迫します。

 

ファクタリングでは、手数料を考慮しても売上アップを見込める場合や安い手数料で継続利用できる場面に効果的です。

 

 

スピードを求められる場面

ファクタリングのメリットはスピード入金に強いことです。
2社間ファクタリングであれば最短で即日入金が可能です。

 

仕事によってはすぐに仕入れをしないといけない場面もありますし、回答を遅らせることで他社に取られてしまうこともあります。

 

銀行融資を利用できる黒字企業であっても、資金調達にスピードの求められる場面はコストが高くてもスピードに強い民間ファクタリング業者を活用する価値はあります

 

ファクタリングをすることによって仕事の受注や仕事量の増やせる場合は手数料を差し引いても利益を伸ばすことに繋がります。

 

 

 

一時しのぎでも有効なケースはある

運転資金のショートするような企業や事業主は基本的に銀行やビジネスローンの審査に通らないため、借入による資金調達はできません。

 

債務超過状態や直近の支払いが困難であれば、傷口を大きくしないうちに廃業して精算する方法もありますが、ビジネスは一時しのぎでも耐えて運営を続けていけば持ち直せることもあります

 

特に、仕事量が安定しない場合や季節による特需を期待できる職種の場合は、辛い時期を乗り切れば景気の良いタイミングがいずれはやってきます。

 

資金のショートしている時に、従業員の給料が遅れたり各種支払いができなくなると、優秀な人員を失ったり、新たな仕事を取るのに弊害がでるなど負の連鎖が始まって取り返しのつかない状況に追い込まれます。

 

ファクタリングをすれば、本来の入金日に資金難になりますし、継続利用すれば手数料がその都度取られるので融資に比べても高いコストがかかります

 

それでも品質を下げない運営を続けていけばビジネスはチャンスが来ます

 

明らかに将来的に仕事の減る見込みなら、ファクタリングによる一時しのぎは危険ですが、単発でもいいので近い将来売上の上がる可能性があるのであれば、悪あがきをしてみる価値はあります

 

 

 

安い手数料で継続利用する

3社間ファクタリングを利用すれば手数料は安いです。

 

融資に比べると高く感じるかもしれないですが、入金サイクルが早くなれば、仕入れや人件費の工面も苦労しません

 

耳鼻科を掲げる個人開業医の例を紹介すると、花粉や風によって秋から春先までが忙しく、夏は暇になる特性から売上は季節の影響を大きく受けます。

 

診察道具のコストもあり、繁忙期には資金がショートしたり一時的に資産を削って運営していたところ、開業医の知り合いからファクタリングを紹介してもらいます。

 

3%の手数料で3社間ファクタリングを行ったところ、支払いと入金の連動性ができてお金に困ることがなくなりました。

 

状況によって銀行に相談するなど、時間を取られることもなくなり、繁忙期でも頭の中で資金繰りの計算を簡単にできるようになったため業務と精神的な負担が大きく軽減されました。

 

このように売掛サイトが長くて、売上に波の出る業種では必要な都度資金調達を考えるよりもファクタリングによって常に資金回転率を高めた方が手間を軽減して仕事に集中できるメリットがあります。